雑巾がけは、「掃除の基本」

雑巾がけの役割

最近、雑巾がけってしてますか!?普段の掃除と言えば、掃除機やクイックルワイパーだけという人は多いのでは。雑巾がけって手も汚れるし、面倒だし、掃除機やクイックルワイパーさえやっておけば十分でしょうと持っているあなた!実はその認識は少し違っており、そもそも巾がけ」と「掃除機」や「クイックルワイパー」では、清掃の役割が違うんです

掃除機やクイックルワイパー(ウェット式も含む)の場合は、ホコリや塵は取るための掃除道具です。一方、雑巾がけは、床をピカピカ磨き上げ、より綺麗な掃除ができるという「掃除の基本」。また、かがんだ姿勢で行うので、部屋の細部にも気付くことができます。雑巾がけと掃除機やクイックルワイパーは比較するものではなく、それぞれの性能を補完する関係にあるのですね。

また、雑巾がけは健康にも効果的です。快適な生活に慣れて、運動不足になった現代において、日常的な掃除が運動になるなんて一石二鳥じゃないですか!?ぜひ、今まで楽をしていた掃除を運動と捉えて、明日から運動不足の予防をしましょう!!

 

正しい雑巾がけのやり方

雑巾がけをする前に掃除機で、床のゴミを取り除きましょう。この場合は、ホウキでもよいでしょう。一通り目立つホコリやごみを取り除いたら、雑巾で水拭きしていきます。この時、洗剤を使う人もいますが、洗剤は対象物を痛める恐れがあるので、極力水拭きを勧めます。

フローリングや畳、クッションフロアを雑巾がけする際は、しっかりと固く絞ったぞうきんを使用してください。床に揺れている時間が長いと床材が傷みやすいので、濡らして拭くことでゴミが舞い上がらない程度が理想です。自分から見て雑巾を縦にして絞ると水も飛び散ることが少なく、しっかりと絞れます。雑巾をかける際は、隅から隅まで拭き残しがないように、コの字型に拭いてください。最後に拭き終えた後は、換気をして風通しを良くしておきましょう。

 

本日の雑巾がけ体験者

肱川小学校4年学年PTAのみなさん!!お疲れ様です!!

ご家族でしていただきました!一番早いのは、お父さん。パパの意地ですね。まだまだ、子供達には負けない。

こちらは親子で体験。お子さんの圧倒的勝利!?しかし、お父さんも早いですから!

また、ご家族でのご来館お待ちしております。

Follow me!

コメントを残す