ハチドリ農園の出張ランチ

西予市野村町の山奥にある小さな農園が贈る、農家ランチ。
無農薬、無化学肥料の旬な野菜を使用。
ゆくゆくはのんびりとした、落ち着く雰囲気のある農家民宿をしたいと願う、
ちょっと、スットコどっこいな農家の嫁が、美味しさと癒しと笑いを提供致します。

「春を迎える前の保存野菜 パンランチ」

【Menu】

・さつまいものシナモンロール
・ドライトマトと切り干し大根のアジア風フォースープ
・切り干し大根とツナマヨ&アボカドとドライトマトとチーズのサンドイッチ

+drink(LOCA コーヒー)

当農園産野菜、さつまいも、大根(切り干し)、トマト(ドライ)使用

イベント概要

【日時】3月30日(土)、3月31日(日) 12時〜17時
      ※30日はシナモンロールのみのご提供になります。テイクアウト可。

【場所】宇和米博物館 Loca-cafe

【料金】1,000円(ドリンク込)

ハチドリ農園について

西予市野村町小松にて夫婦2人が営む小さな農園。
同西予市にある農業法人「無茶々園」にて、夫→柑橘、妻→野菜の生産を担当。その後、独立し、夫の祖父の土地にて就農。
冬は極寒の地であるため、柑橘(果実)は、柚子、栗、ブルーベリーを生育中。
野菜は少量多品目。現在は、野村町の「百姓百品」に週3日出荷している。
(商品取り扱い店、コープえひめの束本店、余戸店、三津店 木村チェーンの宇和店)

夏は比較的涼しく、近くには四国カルストぞっこん水の湧き水がある、
自然豊かな場所。ただし、冬は雪がよく積もって50センチほどになるときもある。
有名な観光スポット、「土居家」は現代の建築家を唸らせる立派な茅葺き屋根の建物。

夏は、きゅうりやトマト、米。秋は栗と柚子が主に生産されている。
夏の涼しい空気と寒暖差が、味をよくしているようだ。

、、、そんな場所にひょっこり現れたハチドリ農園。
今年で就農3年目を迎える。
農家としてはまだまだヒヨコどころか、卵である。
それでも「小さな農園、大きな未来!」
、、、とは言いつつ、スットコどっこいなコンビだが、日々奮闘中。

ハチドリ農園の日々 (ブログ)
https://hachibird.exblog.jp/

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください