絵付けデザインコンペ【結果発表】

本コンペティションは、宇和米博物館と梅山窯(砥部焼)がコラボし、現代における食生活を考えるきっかけとして“お米が食べたくなるごはん茶碗”をテーマに開催しました。近年、お米の消費量は年々減少傾向で外食志向にあります。そこで砥部焼の特徴を生かしつつ、お米を食べる喜びを感じれるごはん茶碗を提案していただきました!

応募作品数:36点
最優秀賞:1点
優秀賞:1点
入選:3点

最優秀賞

千守 さくら

《作品講評》
宇和米のご飯茶碗は、宇和海をイメージして作ったということだが、そのデザインセンスが秀逸。宇和は海はないが、山々に囲まれた盆地として捉え直すことで、さらなる期待を持たせるデザインであり、宇和ならではのご飯茶碗になるのではないか。

優秀賞

由徳 楓

入 選(3点)

恒岡 澪奈

小西 優里奈

笠原 彩希

ファイナリスト

丹下 紅里
兼下 瑠華
北村 友莉
岡庭 秀晃

お問い合わせ

一般社団法人ZENKON-nex
〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町2丁目24 宇和米博物館
TEL:0894-62-6517 FAX:0894-89-3124
WEB:http://komehaku.jp/ MAIL:info@komehaku.jp
募集ページ

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください