オフィス利用者、一般、運営関係者、それぞれ利用可能。