宇和米博物館を拠点とし、『「まち」に活力を取り戻すために、「しごと」を創出し、「ひと」を呼び込む』ための活動を総称して『LOCA-PROJECT』と呼びます。LOCAとは、「廊下」と「ローカル(=田舎)」、「濾過」、「スペイン語のクレージー」に由来しており、地域振興に係る新たな挑戦をしていきます。

旧宇和町小学校をOFFICEやRENTAL SPACE、CAFEとしてリノベーション

 かつて子どもたちが長い廊下を走り回った校舎が、宇和盆地の高台に米博(正式名称:宇和米博物館)として移築している。その小学校では、毎日子どもたちが様々なことを学んでいた。そんな子どもだった人たちが現在の町を支えている。

 その旧校舎をリノベーションし、新たな「学び舎」としての再生を目指す。全面お絵描きのできる黒板ルームやOFFICE、CAFEなど様々な空間を創り、多種多様なクリエイターに貸し出すことで、多彩な人々と多彩な機能の混在を促す。そこから生まれる新たなワークスタイルが、ひとつのカルチャーとして西予から世界に広がっていくことを期待する。